Temptation 〜催淫の奈落〜




@SOFT CIRCLE PARTHENON

SLG
税込1,890円
2005/04/02発売
原画:唯々月たすく

ヒロイン:
桐原舞奈(青川ナガレ)
主人公:
神明悠


 


□雑感

 BLUE WATERのダイアグノーシスを先にやってしまったので多少変な感じですが、元ネタらしいということでこちらもやってみました。いや、えーと。ねえ。
 際立つのはやはり主人公像です。この作品の主人公は舞奈が好きなわけでもなんでもなく、最初から己の能力を試すための実験対象としか見ていない。なので調教もまあ少年らしい実益を兼ねているとはいえ、どの程度まで操れるのかという興味がまずあるわけです。で、そんな目を向けられている舞奈のほうは女性として愛されたい、そうしてくれれば自分も愛せるかもしれないという独白を繰り返す。二つの視点で全く交わらない心を書きながら、肉体だけで繋がり合っているという関係性こそがこの作品のキモです。まあでもこれって肉欲が先に来る男と、精神で繋がりたい女の関係性だよなあ。主人公は舞奈の心を支配した気でいるけど、手に入れたのは体だけなんですね。主人公は最初から最後まで舞奈をもの扱い。舞奈は最初から最後まで普通の人間であり続ける。なのでハッピーエンドというのは当然ありえない。歩み寄れない以上どちらかが壊れるしかないわけです。
 青川さんの声はいいですね。

□評価

 60点。


inserted by FC2 system