パペットプリンセス〜傀儡姫。わたしは、操り人形〜




@ぷちぱじゃま

章仕立てで進行する背徳・陵辱・純愛ドラマチックADV
税込4,179円
2005/08/26発売
原画:モカモカ
シナリオ:無頼寿あさむ

ヒロイン:
織田穂香(大波こなみ)
東馬奈緒(阿玖深音)
主人公:
東馬昴


パペットプリンセス ~傀儡姫。わたしは、操り人形~
amazon

Getchu.comの紹介


□初感

 俺は、なにげに調教属性があります。でもあんまりハードなのは受け付けない。羞恥に苦しむのを見たり、言葉で苛めたりが好きなので、堕ちたら価値無し。独占厨なので寝取られはダメ。と、かなりうるさい人なんですが。これはやってくれました。俺のためのゲームって感じです。モカモカさんはずっと同人を買ってる人なので大好きですし。攻略対象が実質一人なのも愛でがいがあります。ボリュームも充分です。変にパラメータとか入れずに、あくまでノベルにしたところもいいです。

□織田穂香

 穂香を愛して愛して愛し尽くすゲーム。ほんと可愛いです。ピンク髪やでっかいリボンもポイント高い。設定上、学校でも家でも苛められてるのもかなりいい感じ。えちぃのシチュエーションも豊富で、猟奇的なものはありません。最終的に両想いですし。不満点いくつか。やはりあのメイド服はさすがにダメ。露出多過ぎて脱がす楽しみがないよ。あと、穂香が「わかってい過ぎる」のも微妙にマイナス。きっと現実じゃないって事を拠り所にしてあの状況に耐えているんでしょうけど、むしろ何もわからずに何故か主人公に対する好意だけがあるみたいな感じで依存してくれたらなあ。

□東馬奈緒

 お話の根幹は奈緒なので、トゥルーのヒロインは奈緒なんですが、まあどうでもいいや。主人公と穂香のこの状態を作り出すための仕掛けと割り切りましょう。これ本質的には妹ゲームですし、妹大好きな俺ですが。この俺をして妹ウザイと思わせるアグミオンは天才かもしれません。

□まとめ

 あいにくパンドラの夢をやったことがありませんので、ぱじゃまソフトの夢織りの世界観はこの作品だけで解釈するしかないわけですが。結局奈緒が作り出した箱庭は期間限定。奈緒が死ねばそこで終わるわけです。なら穂香は本当は待ってるだけで良かったんですよね。それでもあえて昴を取り戻しに来た穂香。それは優しさなのか嫉妬なのか。俺は穂香が同じ男を愛する同士として、奈緒を認めていたゆえなんだと思います。愛する兄に気持ちを伝えることの出来ない妹。だけど己の夢に閉じこもったまま死を迎えるより、穂香という理解者を得たことがきっと奈緒の救いになる。勝手な理屈ですけどね。

□評価

 90点。 個人的にかなりの名作。これを越えるのはちょっと難しいかも。


inserted by FC2 system